パジャマとテディベアと私

子持ち30代会社員(女)の毎日を綴ります。

人の時間の使い方にケチをつけるということ

久しぶりに夫婦間でいざこざというか、ざわつきがあった。具体的な話は省くが、二人の意見をまとめなければならない案件があり、双方意見を出した。夫的には、その私の出した意見が不十分で消極的に見えたようで、もっとちゃんと自分を説得できるような意見を出せと。私からしてみると、夫は意見をまとめると言いつつも頭の中ではもう答えが決まっているように見えた、しかもその答えは以前に私が否の回答を出したものだった。以前出した回答は何だったのか?という理不尽に思う気持ちと、出した意見を形上見られた結果貶されて結局出来レース的に結果が決まるという状態に憤慨していた。

 

その話題自体は何とか妥協点を見い出せる運びとなったのだが、心にささくれとして残ったのは、言い争いの中で夫が発した一言。

「自分のやりたいこととか趣味とかやってる暇があったらもっとその分検討してマトモな意見を出せ。」

 

これは…言い争いの中でここに対して反論すると泥仕合になるので何とか堪えたが、どうにも腹に据えかねたのでここに書き残しておく。

 

暇?そんなものがあったら頂戴したいわ。というか人の趣味にケチをつけるのは反則ではないか?

 

私はキャパシティが広いわけではない。だから、毎日仕事と家事と育児を回すことに必死だし、一日が終わるともう自由時間もあまりないし、体力もそんなに残っていない。

それでも何とか自分なりのフルスロットルで家事を片付けたり朝早起きして捻出した時間で、ブログを書き、読書をし、ドラマを観ている。週末はヨガやピラティスの時間はもらっているが、それ以外はほぼ家事育児だ。これらは「暇」ではなく、人らしく過ごすために必要な「息抜き」だ。

この息抜きは、削れと人が口出ししていい領域を超えていると思う。

平日休日問わず家にいるときはスマホでニュースや漫画を見てずっとソファーに座って(たまに子に「見るのやめて!」とスマホを奪われている)過ごしている夫の態度にイライラすることは少なくないが、それでも私は夫の時間の使い方自体には文句を言わないように気を付けている。そこは個人の領域だから。

 

意見を出せと言っているのに出さなかった。私がもしそうしていたとすれば、百歩譲って「暇があったら」と非難されても仕方がないと思う。でもそうじゃない。考えて意見を出した。適当にはやっていない。夫が出した意見と同水準だった。それなのに投げつけられたその一言は、私の心にちくちくといる後味を残した。

こういうとき、もやもやが長引くと生活が楽しくなくなるので、一刻も早くストレス解消しなくてはならない。文章として書き残すことで、少しスッキリしたけれど…足りない。何とか、夫の言うところの「暇」を作って、好きな本を読み、その世界に没頭しよう。

花粉、本領発揮

先週末くらいからかな。サラサラとした鼻水が垂れるようになり、目は透明なのに存在感のあるゼリーが表面に塗られたように重熱くなり、肌は痒く、鼻の下に吹き出物が現れる。典型的な、花粉飛散による症状が発現してきた。

 

日中眠くなってしまうと辛いので、薬は可能な限り使いたくない私。最近は朝晩べにふうき茶を飲んでいる。花粉が本格的に飛び始めたので、会社にも持ち込み、昼休みにも飲むようになった。飲むと、数時間は各症状が2、3割減る(ような気がする)のだ。

鼻水や目の重さはお茶で軽減するとして、問題は肌だ。元々乾燥気味の肌が、この時期は完全に砂漠化する。化粧水をいつもより多目につけても、あっという間に吸い込まれてしまうほどになり、ザラつきも生まれる。毎年悩みながら色々な保湿クリームを試してジプシー状態となるのが恒例だ。

今年は、巷で話題のアンブリオリスを使い始めた。

 

 

乾燥肌用の、緑色のやつ。肌に乗せると不思議な匂い(香りではなく、匂いと呼ぶに相応しい)がするが、やがて慣れた。伸びがいいのにこっくりと肌を保湿してくれて安心感がある。

私は化粧水→乳液→アンブリオリスという順番で使っている。下地としても使えるらしいが、私的神コスメであり安定のエクスペールBBを手放すのが不安過ぎて、取り敢えず保湿専用。本当はこれにアルビオンの導入美容液を使えば最強なんだろうけど…お財布と相談しつつ、検討中である。与え過ぎも逆に吹き出物が台頭してくるし、ね。

 

このケアで少し肌の調子が戻って来た気がするので、今年の花粉の季節はひとまずこれで乗り切りたいと思っている。お肌の気分次第、ではあるが。

ドラマ「きのう何食べた?」を今更観てる

朝、台所仕事をしている時は、主にAmazonのPrimeVideoを観ている。最近観始めたのが、西島秀俊内野聖陽が出ている「きのう何食べた?」だ。

 

きのう何食べた? Blu-ray BOX(5枚組)

きのう何食べた? Blu-ray BOX(5枚組)

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2019/09/18
  • メディア: Blu-ray
 

テレビで放送されている時は、ほっこりすると話題になっていたのは知っていたが、放送時間が遅かったこともあり、観そびれていた。原作は、LINEマンガの連載で少しかじっており、料理の素敵さとストーリーの温かさに癒やされていたクチなのだが、実写化ってどうよ?という気持ちは否めなかった。

 

満を持して観始めた結果どうだったかというと…大当たり。原作が大切にされているのが分かるストーリー展開と、メイン二人の本当のカップルのような演技、そしてシンプルだが美味しそうな料理とで、とても魅力的なドラマになっている。脇役も皆さん素敵だ。

まだ3話程度しか観ていないが、既に再現したい料理がいくつかある。1番やってみたいのは、安売りのキャベツで作ったコールスローサラダだ。私も、仲のいい誰かと無心にキャベツを千切りし、たっぷりのコールスローサラダを作りたい!!

 

日々大なり小なり色々あれど、やっぱり食べることは基本なのだな、と、改めて思わされる。毎朝、じんわりと心を温めてくれるドラマだ。

丁寧な暮らしへの憧れ

「丁寧な暮らし」という単語への憧れが強い。昔から江國香織さんの小説が好きなのだけど、その理由の1つは、登場人物が皆、観葉植物に飲んでいたミネラルウォーターをあげたり(たまにそれがアルコールになる事もあるが)、好きな音楽をかけながら美味しそうなおつまみをさっと作ったり、野球観戦に桃を持って行って果物ナイフで剥きながら食べたり等、暮らし方や過ごし方にこだわりが見えて、憧れるところにある。丁寧に暮らしている人の生活を覗くことが出来ている気がして、面白いのだ。

 

同じような理由で、朝日新聞がウェブ上に連載している「東京の台所」という特集も大好きだ。

https://www.asahi.com/and_w/seriese/tokyo-daidokoro/

台所にはそこを使う人のこだわりが見受けられ、その一つ一つにとても興味をそそられる。

もし、自分がこの取材を受けることになったら、何か語れることはあるのだろうか?と考えた時、あるある!と即答できない自分がいる。毎日時間は目まぐるしく過ぎていくけど、その中で私は一体何を成しているのだろうか。何を大切にしているのであろうか。即答できない自分が、空っぽに感じてしまう。

 

このままではだめだ、と、何かに焦って、いわゆる「丁寧な暮らし」のために色々とやってみたが、生き残って習慣になっているのはごくごく少ない。反省も兼ねて、今までやって来たことを覚えている限り挙げてみる。

 

【やらなくなってしまったこと】

・花を飾る、観葉植物を置く→心が落ち着くかも、と思って始めたが、花の処理も植物の世話もあっという間におざなりになって枯らしてばかりになった。植物にも申し訳なくなり、やめた。

・リビングをシンプルにして空間を楽しむ→割と潔癖の家が或るのでいけるかと思いきや、夫が何度言っても気にせず散らかすため逆にイライラを募らせる元凶となり、これでは元も子もない、と、諦めた。

・バスタオルやフェイスタオルの種類を統一する→自分で買うものは揃えるようにしたが、思った以上にタオル類を貰うことが多く、全く統一出来ないので無理はしないようにした。

 

【続いていること】

・寝る前にリビングのリセット→シンプルは無理だが、朝起きたときにテンションが下がらないよう、その日の散らかしはその日のうちに片付けることにした。幾分、朝の気分がよくなった。

・味噌汁の出汁をとる→毎日味噌汁を作っている。かつては顆粒だしを使っていたが、最近水だしで昆布だしを取るようになった。晩ごはん後の片付け時に鍋に切り込みを入れた昆布と水を投入して冷蔵庫に入れておくだけの簡単なものだが、顆粒よりもあっさりした好みの味噌汁が作れるので気に入っている。

・出かけない日は弁当持参→これもやり始めたら癖になった。節約になるかというとそうでもないし、特段料理が得意なわけでもないのだが、弁当を持参するようになってから胃もたれが減り、顎周りのたるみが取れた(ような気がする)。

・朝一に白湯を沸かして飲む→これも、やり始めると、寝坊などで飲まない日は何となく調子が悪いというか、ソワソワしてしまう。白湯で目が覚める感じが心地良いのだ。

 

こうして書いてみると、何某かの見返り(気分が良くなるとか、胃もたれが減るとか)があれば何とか続けられているようだ。つくづく現金なタイプだ…と思う。そしてこのことで「丁寧な暮らし」辿り着いてているか?というと、まだまだである。江國香織の世界の住人には遠く及ばない。毎日慌ただしい暮らしだ。

こんなどうしようもない状態ではあるが、今後とも少しずつ、自分なりの丁寧を増やしていきたい、そう思っている。

バレンタインデーですね

今週のお題「大切な人へ」

2/14はバレンタインデー。我が家は女子が2名(私と子)に、男子が1名(夫)。数日前から夫があからさまにワクワクしていたので何かやらないわけにはいかない。ただ、平日なので手作り物は厳しい。、ということで、市販のチョコを差し上げることとしました。

 

事前に子には「バレンタインデーにはパパにチョコレートをあげるんだよ」と折を見て仕込んでおいたものの、分かっているかは微妙。今日に至っては保育園のおやつがバレンタイン仕様だったことで、自分も良いものをもらえる日と勘違い(と言い切るのも何だかなぁという感じだが)している節もあった。

 

普段から間食の多い夫に見つかるのを避けるため、チョコの購入チャンスは当日のみ。私は、会社近くのショッピングモールで以下を手に入れた。

 

 

いろんな味を楽しめそうなことに惹かれた。加えて、缶が可愛いことも購入の決め手だ。…こういう考え方で買い物をしてしまうから家が片付かないというのは分かっているんだが、やめられない。

子は、保育園帰りにチョコを選ばせたところ、色とりどりのバレンタイン仕様のスイーツではなくこれを選択。

 

ロッテ 生ガーナ<たっぷりいちご> 64g

ロッテ 生ガーナ<たっぷりいちご> 64g

  • 発売日: 2019/10/08
  • メディア: 食品&飲料
 

美味しそうだし、下手にラッピングに凝った商品より安いし、これはこれで良かろう。

 

かくして準備は整い、遅れて帰宅した夫に無事二人からチョコを渡すことができた。

夫は独り占めできるお菓子にホクホクだったが…子に「ママにもあげないと駄目だよ!」と釘をさされてやや消沈してた。母はにんまり。

凝ったことは出来なかったけど、我が家らしいバレンタインだったかなと思う。

 

曲げわっぱ、いいかも

以前、打ち合わせなどで外出がない日はスープジャーにお昼ご飯のおかずを詰めて持って行っているということを書いた。その後、毎日汁物だと飽きてきて…最近は、スープに代わりお弁当を作っていくことが増えてきた。お弁当箱は、タキマキさんのインスタで見て憧れていた、曲げわっぱ

 

そのものずばりではないけど、こんな体裁のやつ。ウレタン塗装を選んだので、食器用洗剤も使える。

 

何故これに憧れていたかといえば、何を詰めても取り敢えず様になりそうだから、というだけだったのだが(しかもその点は、自分のスキルが低すぎて未だ叶えられていないのだが)、他にも意外な良いところがある。それは以下の通りだ。

「軽い」

「ご飯がびしょびしょにならない」

「いい香りがする」

特に香りについては、ウレタン塗装なこともあり全く期待していなかったところだったのだが、ご飯にうっすら木の香りが移っているのを感じる。いつまで続く香りかは分からないが、癒やされるのだ。

食べ終わったあとは、すぐに会社の流しで洗い、自分のデスクで乾燥させている。デスクに弁当箱を広げるのは微妙だが、流しに私物を置くなというお達しが出ているので仕方ない。一応、周りには見えないようにしている(つもり)。

 

丁寧に使えば何年も長持ちするという曲げわっぱ。こんな使い方で大丈夫だろうか、と思いつつ、少しでも美味しそうな詰め方を研究して、ゆくゆくはブログに写真を載せられる程度にはなりたい。

と妄想しつつ参考までにお伝えしておくと、今日のお弁当の中身は、豚丼に茹でスナップえんどうを添えたものであった。字面からして映えない感じが滲み出ているし、実際その通り。こんな状態の私が、曲げわっぱのポテンシャルを最大限に活かしたお弁当を作れるようになるのはいつの日か。乞うご期待といったところである。

○○○ミュージアムに行ってきた

外は寒いけどとても良い天気。出掛けないのは勿体ない。そんな休日に、「室内で遊べるところ」というテーマでスポットを探したところ、ふと、気になった場所があった。

 

うんこミュージアムである。

 

ご存知だろうか?都内だとお台場のダイバーシティ内にある、ポップでサイケデリックな外装の施設である。数あるテナントの中に、違和感たっぷりかつ堂々と並んでいる。

以前お台場に遊びに行ったとき、少なくない人数の家族やカップルが、棒に刺さったカラフルなうんこを手に持って歩いていることに衝撃を受け、調べたところ、出処はそのうんこミュージアムだった。激しく興味を引かれたものの、その後日々の忙しさにかまけてその存在を忘れ、時が過ぎていた。それが、ふと、思い出されたのである。

 

思い立ったが吉日、スマホで早速前売り券を検索し(ALE-BOXというサイトに登録すれば速攻で手に入った)、お台場へ。「寒いからおうちで遊びたい」という子の説得に時間がかかったものの、何とか外出に成功した。

 

ヴィーナスフォートでお昼ご飯を食べた後、いよいよダイバーシティ2階に位置するうんこミュージアムへ。入り口のお姉さんの指示に従い、中に入った。

 

これから行く人のために詳細は書かず、少しだけチラ見せ。


f:id:ohmkki19:20200211232230j:image

こんな感じのオブジェがあって周りがボールプール(うんこ含む)になっており、沢山の子供たちがうんこを拾い集めて並べたり、ボールの中に横たわったりしていた。子は何故か「○ちゃん、うんちの先生なのー」と言って、うんこを拾い集めては隅に放り、それらを群れさせることに集中していた。

 

周囲には沢山のフォトスポット。一見するとうんことは関係なさそうなこんな場所も。


f:id:ohmkki19:20200211232312j:image

他にも、うんこ版ときめものようなゲームやシューティングゲーム、「うんこ!」と叫ぶ声の大きさを競うゲームなどが出来るゲームエリアや、著名人が描くうんこたちが飾られているエリアもあり、大変充実していた。

あ、ちなみに、私が衝撃を受けた棒付きうんこは、きちんと1人1つ手に入る仕組みになっている。

 

何だか良くわからない説明で申し訳ないが、総じてくだらなくてとても楽しい場所だった。こんなに恥じることなく「うんこ」を連呼できる場所は、そうそうないだろう。

 

こんな不思議な施設、一体どんな人が企画したのか?と気になって調べてみたら、面白法人カヤックの人だったのね。納得だ。

 

https://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/senpai/senpai38/

 

ミュージアムを出た後は謎の爽快感と高揚感があって、リフレッシュ出来たのが嬉しい。2回目があるか?と言われると分からないが、とにかく1度行ってみてほしい。そんな場所である。