パジャマとテディベアと私

子持ち30代会社員(女)の毎日を綴ります。

自粛下の週末の過ごし方·我が家の場合

見えない不安を抱えながら子を保育園に預けて働いた平日が終わり、週末@自粛がやって来た。普段だと、家事を済ませたあと、子が夫と習い事に行っている間にヨガに行き、その後2人と合流してファミレスや近所のカフェでお昼を食べ、公園やショッピングモールに行くという流れで過ごしていた週末。先月から、時節柄このような過ごし方がなかなか出来なくなった故、我が家なりに何とか工夫してストレスを貯めない過ごし方を模索している。記録として、週末に何をしたか、ブログに書き留めておきたい。

 

大きく分けて、いつもと異なることは以下の3つ。

  1. 外食が出来ない
  2. 子を遊ばせられる場所が少ない
  3. 親が発散できない

1つ目。

昼ご飯だけでも外食なのは、私にとって非常にありがたいことだったと今ならわかる。家族3人で3食全て家で食べるとなると…食材の減りが今までより格段に早くなった。また、ご飯を食べ終わった時から次のご飯(おやつも含め)のことを考える必要があり、何というか、心の余裕がなくなった。夫には子の遊び相手になってもらい、常に献立を脳内検索しながら、冷蔵庫の中身を確認していた。

とはいえ、それだけで頭がいっぱいになるのは嫌だし、何より私も子と遊びたい。そこで、おやつについては、手作りお菓子を用意することとし、生クリームの泡立てやら、クッキーの型抜きやら、子に手伝ってもらえるイベントを用意した。これが大成功で、子は目をキラキラさせながら手伝ってくれた。クッキーに至っては、キッチンでの私の作業を、踏み台をわざわざ持ってきて覗きに来るほどにハマってくれた模様。お菓子作りは色々と手間はかかるけど、アトラクションとしては素晴らしいみたいだ。

 

2つ目。

お菓子作りなどしているとはいえ、家に閉じこもったままでは子にもストレスが溜まるだろうし、親も息が詰まってしまう。でも、スーパーなど買い物スポットに子を連れて行くのは憚られる。そこで、遊具のあまりない、小さめの公園を選んで子を遊ばせるようにした。夫にお願いして手頃な公園に子を連れて行ってもらい、その間に私は掃除などを済ませるという寸法だった。

元来うちの子はショッピングモールのキャラカートというのだろうか、ディズニーやポケモン柄でデコられたカートが大好きで、毎週のように近所のモールに行っていた。なので、その習慣とでも言うべきお出かけがないことに子は少し疑問を持っていたみたいだが、公園に連れ出すことで、それほどイライラせずに過ごせた様子だった。とはいえいつもよりワガママ度は上がっていたが…。

ショッピングモールは軒並み、週末は縮小営業か休業になっている。この状態がいつまで続くのか見えてこないのが不安なところだが、今のところは折り合いをつけられている。

 

そして、3つ目。

やっぱり春の気候はうららかだし、桜も咲いているし、お出かけしたいのは親も一緒。カフェに行ったり、ショッピングしたり、行楽地で色々と楽しみたい。が、出来ない。

色々考えた結果、少しでもお花見気分を…と考え、親子で少し離れた神社まで散歩した。シートを敷いてご飯を食べたり、人混みに行かなければよいだろう、という判断だ。のんびり歩くこと、往復2時間程度(子はベビーカー)。神社に参拝したときは、何だか感慨深かった。早く安心して暮らせる日が来ますようにと、お願いした。少しだけ、気持ちが晴れた。

また、私の止まらない物欲はネットショッピングへ向かった。外出機会が減るであろうこの時期に、スカート2枚とTシャツ2枚を購入。子のTシャツも買った。夫には、Tシャツの購入を勧めて終わった。外出しないとしても、ある程度気に入った服を着て過ごしていれば、それだけで平常心が保たれる気がする。服装が適当になると心もカサついてくるのは、産休(出産前)中に経験済みだ。人間らしく過ごすためには必要なことだと信じ、散財した週末であった。

 

何にせよ、この不安な空気が少しでも早く拭えますように。笑って明るく過ごせる毎日が来ますように。そう、願ってやまない。

今週のお弁当

のんびりな我が勤め先でも在宅勤務の準備が始まった。週の後半は、課内の端末をかき集め、不足分はリースのノートPCを利用し、ひたすら環境作成に費やした。エンジニア冥利に尽きるというか、何というか。来週から週に何度かは在宅勤務を試せというお達しが来たけど…仕事柄ユーザー先に行かなければいけないので、果たしてその流れに乗れるのかどうか。

そんなソワソワした週のお弁当がこちら。外食すら不安だから、お弁当の習慣を作っておいてよかったかもしれない。

 


f:id:ohmkki19:20200404140625j:image

キャベツと豚肉の炒めもの

きゅうり

卵焼き

しそふりかけごはん


f:id:ohmkki19:20200404140716j:image

干し大根とちくわの煮物

鶏肉の塩炒め

ミニトマト

きゅうり

しそふりかけごはん


f:id:ohmkki19:20200404140844j:image

鮭のオリーブオイルソテー

じゃがいもと豚こまの煮物

ミニトマト

しそふりかけごはん


f:id:ohmkki19:20200404140918j:image

豚肉の塩麹焼き

人参のナムル

ほうれん草のお浸し

しそふりかけごはん


f:id:ohmkki19:20200404140953j:image

ウインナー入り卵焼き(焦げ焦げ)

しめじのバターしょうゆ

ミニトマト

のりたまふりかけごはん

 

ミニトマトに救われる日々。

 

 

今週のお弁当

1日だけ仕事の都合で外食だったので、今週は4種類。


f:id:ohmkki19:20200328153447j:image

しそふりかけごはん

豚バラ煮込み

さつま揚げ

ブロッコリー

ミニトマト


f:id:ohmkki19:20200328153542j:image

たまごふりかけごはん

サーモンのオリーブオイルソテー

切り干し大根

れんこんの煮物


f:id:ohmkki19:20200328153643j:image

しそふりかけごはん

ゆでたまご

ブロッコリー

ミニトマト

ささみの醤油焼き


f:id:ohmkki19:20200328153717j:image

しそふりかけごはん

ゆでたまご

エビのマヨネーズ炒め

茹でアスパラガス

ミニトマト

 

仕事後に食材を買い足せなかったので、後半に向けてだんだんメインが減り、ゆでたまご頼みになっているのが見て取れる。

来週は、どうなることやら。

そわそわしながら、でもいつも通りに過ごしたい

今週末、東京都知事から外出自粛要請が出た。いつかは来る…と思っていたけど、とうとう来たか、という感じ。自粛とはいえ買い物などは普通に出来るけど、やっぱり買い占めはあるだろうと思いつつスーパーに行ってみたら、やはり余剰のないように品数を調整しているであろう生鮮食品が、需要に追いつかず棚から消えている状態だった。


f:id:ohmkki19:20200326232448j:image

共働き夫婦にとっては由々しき事態である。会社からの帰宅時に次の日以降の食材を買うという、いつもの行為が出来なくなってしまうから。トイレットペーパーから食材から、買い占め可能な人というのは一体どうやって備蓄品を収納し、使い切っているのだろうか。紙類は大丈夫だが、生鮮食品は貯めるにも限度があるだろうに。

 

こんな状況でどうしても気持ちがそわそわしてしまうが、諦めるところは諦めて大人しくしながらも、出来るだけ普段通りの生活を心掛けたいと思っている。諦めるところとは、例えばヨガスタジオ。3月に入ってからは、もしもの時を考えると心配なので、ずっと控えている。運動不足は否めないけど…運動のために健康を害して家族に迷惑をかけるのは嫌なので、抑えている。

普段通りというのは、例えば会社にお弁当を持っていくこと。食材の手に入り具合によっては叶わなくなる習慣だけど、朝のルーティンを崩さないよう、朝昼晩ご飯の準備はいつも通りにやっていきたい。

また、公園遊びは自粛の対象外とのことなので、子にもストレスがたまらないよう、外に連れ出したい。雨が降って寒いらしいから、引きこもらざるを得ない可能性は十分あるが。雨の休日、子の様子を見ていると、発散できない鬱憤をものにあたったりして解消しようとしているので、何とかうまく楽しませてあげて、穏やかな休日にしたい。

 

それにしても…この外出自粛、休日のみに留まるんだろうか、という不安はどうしても拭えない。平日も自粛要請が出たとしたら、仕事はどうしたらいいのだろうか。どこまでの仕事が不要不急にあたるのか?時は期末で、その処理に追われる会社は私の職場も含め多くあるだろうし、私のチームの同僚は来週もゴリゴリ出張が入っている。そんなとき、自粛をどう判断すればいいんだろう。いっそ欧州みたいに、強制的に買い物(プラス犬の散歩)以外は外出禁止にしてくれれば楽なのに。

そんなことを思いつつ、私は明日も会社に行くのである。不安と、普通の日常を求める気持ちとが混ざったモヤモヤを胸に抱えながら暮らす毎日は、あとどのくらい続くのだろうか。答えがない中を進まなきゃいけない心許なさから、早く開放されたいのだが。

試験よ、さらば

春期の情報処理技術者試験がなくなった。

 

正確には、4/19に試験は実施しない、延期も含めて対応は検討中とのこと。以下はIPAの公式ページ。

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_00topic/topic_20200324.html

受験するつもりだったのはシステム監査技術者試験。ちょうど、試験まで1ヶ月というのが見えてきたあたりから、少し勉強にギアを入れ始めたところだった。論文集を追加で購入し、昨日も、夫が保育園のお迎えに行けるというので、退社後にカフェで問題を解くなどしていた。そのタイミングで、この発表。

何となく、世間の状況からこうなることは予想していた。ただ、就活や学校の単位に関わる人もいるわけで、そうなると予定通り実施かも?とも思っていたが…決まってみると呆気ない。

 

勝手なことを言うなら、試験中止は避けてほしい。延期を希望する。というのも、システム監査技術者は試験が年1回。今回が中止になると、次のチャンスは1年後なのだ。1年もモチベーション保てないよ…という大変利己的な思いが正直なところだ。

そんなことを思っていると、今度は東京オリンピックも1年延期というニュースが飛び込んできた。IOC会長と安倍首相の電話会談でその方針になったとか。ヨーロッパでは大幅な外出自粛が行われている中、日本はまだまだ呑気だなーと思っていたけど、とうとう来たか。こうなると、試験がどうのとかちっちゃいことをブツブツ言っている自分が阿呆みたいだ。

 

我が家は幸い、保育園は子を預かってくれるし、仕事も通常通り(可能な人は、週何日かを在宅勤務にしているが)行えている。誰も体調を崩していない。マスク飢饉は続いているけど、取り敢えずトイレットペーパーはまだ大丈夫だ。子の予防接種は済ませられて一段落したし、特に生活に不自由はない。そのため、危機感が薄れているが…試験中止の決定は、そんな私の呑気さに喝を入れる出来事となった。

 

今週のお弁当

最近、ようやく安定して曲げわっぱへの詰め方のコツが分かってきたので、写真を載せておく。先日載せたものも再掲。今週は、今日が祝日なので4種類。


f:id:ohmkki19:20200320120748j:image

鶏むねチャーシュー

卵焼き

キャベツときゅうりのコールスロー

しそふりかけごはん


f:id:ohmkki19:20200320120803j:image

鮭のオリーブ焼き

煮卵(昨日のチャーシュー煮汁で)

じゃがいもの甘辛煮(材料混ぜてレンチン)

きゅうり

プチトマト

しそふりかけごはん


f:id:ohmkki19:20200320120812j:image

一際茶色いな…

豚バラ塩焼

切り干し大根

ほうれん草のお浸し

プリキュアふりかけ(たまご)

f:id:ohmkki19:20200320120838j:image

卵の油揚げ包み

じゃがいもの甘辛煮

豚ロースソテー

スナップえんどう

ミニトマト

しそふりかけごはん

 

背景は全て、お弁当包みの布。布地を集めるのが好きなので、コツコツ買いためたものがたくさんあるのだ。好きな割にアイロンがけをしていないのはご愛嬌。

 

写真に撮ると、おかずの被りがないかなどが一目で分かるので便利なことに気付いた。自分のメモ用のLINEグループ(メンバーが自分だけのグループを作っておくと、ちょっとしたメモに便利なのだ)にアルバムを作って取っておいてあるが、ブログにちょこちょこあげるのもいい記録になるかもしれない。

遅れてきたおっさんずラブ熱

以前ブログでちらっと触れたが、PrimeVideoで「おっさんずラブ」を観始め、先日最終回までたどり着いた。

 

episode1 OPEN THE DOOR!

episode1 OPEN THE DOOR!

  • 発売日: 2018/04/25
  • メディア: Prime Video
 

 

おっさんずラブ」がリアルタイムで放映されていた時期は、育休からの復帰直後で毎日が戦争のようであり、日々1日のスケジュールをアップデートしては壊し、壊しては欠片をかき集め・・な状態だった。話題になっていたのは知っていたが、視聴する心と身体の余裕が全くなく、スルーしていたのだ。
約2年の時を経て観てみると…何て楽しいドラマなんだこれは。リアルタイムで観なかったことを、本当に後悔した。Twitterでの視聴祭や感想祭に、参加したかった…。その後悔と鬱憤とを晴らすべく、この記事を書く所存である。

 

何が良いってまず、演者がいい。みんな演技巧者で、あっという間におっさんの世界に惹き込まれる。まさか、吉田鋼太郎林遣都が恋敵になるなんて…。この2人が揃っていると思い出すのが、フジテレビで放送されていたドラマ「カラマーゾフの兄弟」だ。

 

カラマーゾフの兄弟 DVD-BOX

カラマーゾフの兄弟 DVD-BOX

  • 発売日: 2013/08/02
  • メディア: DVD
 

 

この作品では、吉田鋼太郎が高圧的であくどい成金の父親、林遣都がその息子(三男)を演じていた。吉田鋼太郎の舞台仕込みの強烈な演技と、林遣都の癒しと屈折の光とがとても印象に残っている。余談だが、この作品は、斎藤工のことが大好きになった、個人的な記念の作品でもある。DVDが欲しくてたまらないが、劇中曲がTVとは異なっているとのことで二の足を踏んでいる。そんな、Paint It Blackが流れないなんて、片手落ちにもほどがあるじゃないか。
とまあそれなりに思い入れのある「カラマーゾフの兄弟」からの「おっさんずラブ」は、なかなかのギャップだ。会社の屋上で春田こと田中圭を巡ってバトルしあう場面など、2人とも(加えて田中圭も)ノリノリでバッチバチでとても楽しそう。スリーピースでキメキメの部長さんなのに春田の前では乙女になってしまう、武蔵こと吉田鋼太郎。病院でうるうると春田を見上げる武蔵など、女の私でもキュンとしてしまった。林遣都演じる牧は牧で、視聴者が感情移入しまくってしまう役どころ。物言わぬ時に見せる眼差しに私は牧の心情を深読みし、早朝からもだえ苦しんでいた。

 

そう、演者のみならず、ストーリーもいいのだ。王道のラブストーリーだから、観ている側はすうっと感情移入しやすい。「初めて恋をした日に読む話」もそうだったが、ただ、王道をなぞるだけではないのも大事だ。すれ違いやうっかり目撃してしまう系のラブストーリーあるあるをふんだんに盛り込みつつ、登場人物一人一人の描写はきちんとしている。小ネタもたくさん、丁寧に挟まれている。そして、脇役も含めて登場人物がみんないい人だし、大団円ではそれぞれに優しい結末を与えているのが、温かい。誰もひどいことをしない、いや、離婚を切り出すとか一方的に別れを切り出すとか、場面場面ではそれなりに重い部分もあるのだけど、最終的に必ず救われるし、救われると信じて観続けることができるから、幸せになれるのだ。

…とまあ、こんなに語るほどはまったわけですが。遅れたブームは収まらず、ドラマの公式本まで買ってしまった。ゆっくり読む時間は取れていないが、時々パラパラとめくってはドラマのことを思い出している。
SEASON2や劇場版は、賛否両論あるようなので手を出そうかまだ悩んでいるところ。SEASON2はPrimeVideoにあるので、とりあえずお気に入り登録はしておいた。


そして私の中でしばらく林遣都祭になる予感。今日の朝のお供は、映画「風が強く吹いている」だった。また毎朝の楽しみが増えて、非常にうれしい。

そして、林遣都を眺めながら、とうとう作ったお弁当を写真に撮ってみたので載せておく。


f:id:ohmkki19:20200316201147j:image

しそふりかけごはん
たまごやき
鶏チャーシュー
キャベツときゅうりのコールスローサラダ

しかし、写真をきれいに撮るのは難しい。下に敷いている布は波打っているし、縦に取ればいいのか横に撮ればいいのかもよくわからない。インスタグラマーを尊敬する。